ランドリーとキッチン

ランドリールームとキッチン回りのこと 断捨離、収納、DIY、料理とコーヒー

短焦点プロジェクターのスタンドをDIYしました

HDR超短焦点プロジェクターがすごい

 

f:id:tltl:20190630120147j:plain

超短焦点プロジェクターとDIYスタンド

f:id:tltl:20190630120939p:plain

プロジェクタースタンド


現在 シャオミの4K短焦点プロジェクター

Xiaomi Mijia 4K Laser Projector

が中国で販売されているようです。

私は、去年の夏に、海外のサイトからシャオミのプロジェクターXiaomi WEMAX ONE PROを購入しました。まだ1年たっていないのですが、すでに旧タイプになってしまいました。仕方ないですね。

EPSONのプロジェクターを何年も前に購入していて、すごく気に入っていたのですが、仕事で使うため、この小型で短焦点で高照度のプロジェクターを購入しました。

シャオミの超短焦点プロジェクターの特徴

この超短焦点レーザープロジェクター すごく明るくて、すぐそばに大きな映像を映し出します。

  • ALPD 3.0高品質のレーザー 製品寿命は最大25,000時間
  • トップエンドスピーカーシステム
  • 50センチメートルで最大150インチのフルHD品質の画像
  • 最大180 nitの明るさと3000:1のネイティブコントラスト

短焦点プロジェクターの問題点

スクリーンはフラットであること

この短焦点プロジェクターは下から斜めにスクリーンに投影するタイプなので、スクリーンの影響をもろに受けることになります。

ピンと張っていないとスクリーンの波うちが目立ちます。我が家のスクリーンはタペストリータイプでゆがみは少ないのでEPSONのプロジェクターでは大変きれいに160インチを投影します。

しかし、シャオミの短焦点プロジェクターでは波うちがむらになります。大きなスクリーンのフラットパネルはとても買えないので、そのうちに何か対策します。

スクリーンにぴったりに投影することが大変

 ズームレンズがないので、プロジェクターの位置でスクリーンの投影位置や大きさとひずみを調整します。あるいはプロジェクターの位置に合わせてスクリーンを用意する?

数センチで、投影される大きさがものすごく変わります。少し斜めになると大きくひずみます。

 

今回はこの対策としてスタンドをDIYしました。

DIYスタンドの使い勝手 

f:id:tltl:20190630121724j:plain

f:id:tltl:20190630121740j:plain

前後にスライドするスタンド

出来上がったDIYスタンドは、センタースピーカーがちょうど入る高さであり、天板がスライドするので、スクリーンの調整が簡単です。

普段使いでは、スクリーンを小さくすることで照度を上げ、明るい環境に対応します。

しっかり見るときには、部屋を暗くして、スタンドの天板を引き出せば、スクリーンが大きくなります。

 

ちょっとガタガタしますが、見た目もよくなり気に入りました。

f:id:tltl:20190630123037j:plain

f:id:tltl:20190630123057j:plain

投影サイズの調整


かんたんDIY 

使った材料

  • 骨組みになる丸棒

  • ジョイント1,2

  • 棚板

今回も丸棒とジョイントを洗濯クリップハンガーの材料を流用しました。

 

f:id:tltl:20190630123939j:plain

f:id:tltl:20190630124228j:plain

f:id:tltl:20190630124248j:plain

DIYスタンドに使用した部品

今回使用したジョイントは洗濯クリップで販売されています。

 

ほかの部品

  • ジョイント2
  • 棚板

も7月中に順次販売します。

 

ジョイントの黒は直近で販売開始しました。

sentakuclip.net

 

洗濯クリップランディングページ TLTL CLIPランディングページ てるてるクリップランディングページ