ランドリーとキッチン

ランドリールームとキッチン回りのこと 断捨離、収納、DIY、料理とコーヒー

使いやすくてかっこいい、素早く乾かすことができる ふきんハンガー

おしゃれな ふきんハンガー をDIY

困った。ふきんを乾かす場所が無い。

以前に使っていたものが壊れて、ふきんハンガー 1枚づつ干すタイプを使っていたけれど、使いづらい。

仕方ないので、使いやすくてかっこいい、素早く乾かすことができるふきんハンガーを作ることにしました。

これです。

f:id:tltl:20190829174749j:plain

使いやすくてかっこいい ふきんハンガー

 

こだわった点

  • ふきんを洗った後にすぐに干せる
  • ふきんを大きく広げて干せる
  • ふきんを早く乾かす
  • かっこいい!
  • 使いやすいこと

使い勝手

我が家のキッチンに、よく合っています。かっこいい。

下に水切り食器かごを置いているのですが、ふきんを干すハンガーの丸棒が、回転するので、干してあるふきんを簡単に動かして食器を片付けられます。これは意外と便利です。

ふきんハンガーに使った丸棒は、30cmの長さがあるから、結構な大きさだけれど、サーっとどかすことができて、ふきんは広げて干せるから、よく乾かすことができて、衛生的。

f:id:tltl:20190829180044j:plain
f:id:tltl:20190829175954j:plain

作り方

 すごく簡単です。

丸棒は、ケヤキにしました。

ケヤキは、強靭で狂いが少なく耐久性にも優れます。

amazonで300mm×5本で1,424円でした。ちょっと贅沢しちゃったかな。

ヒノキならもっと安く入手できるし、耐水性もあるのでヒノキでよかったかもしれません。

塗装(オイルフィニッシュ処理)するならホームセンターの丸棒で十分かも。

今回は、切らずにこのまま使えるのでケヤキにしました。

使った材料

f:id:tltl:20190829200616j:plain

  •  丸棒(ケヤキ)300mm×5
  • ジョイント1 白 ×4個
  • 止め輪 スナップリング Cタイプ 12mm 内径 ×1
  • ケーブルステップル 釘止めタイプ 12mm ×2

 

組み立て

  1. 丸棒 カット済みなのでこのまま使用
  2. 丸棒に止め輪を取り付ける
  3. ジョイント1を4個 横穴が揃うように同じ向き並べて、その横穴に②の丸棒を止め輪まで通す。
  4. ジョイント1の縦穴にそれぞれ丸棒を通して画鋲で留める。
  5. キッチンの吊戸棚にケーブルステップルで釘打ち。しっかり止める。
  6. 完成

f:id:tltl:20190829200628j:plain

 

注意するところ

 ケヤキは堅かった。画鋲が入らず。細いドリルで穴あけしました。ケヤキはやめたほうがいいかも。

あるいは、画鋲で留めずに両面テープを1重丸棒に巻けばガタもなくなるので、そのほうがいいです。

吊戸棚にはしっかり釘打ちして落ちないようにしてください。丸棒のケーブルステップルより上のところをテープで巻いておくなどしてずり落ちないようにする必要があるかも。私は画鋲で留めました。

f:id:tltl:20190830085822j:plain
f:id:tltl:20190830085810j:plain
大きくて使いやすいふきんハンガー

あとがき 

 実は、わたくし「直径12mm」に弱いのです。

それで、直径12mmの丸棒、直径12mmのスナップリング Cタイプ、ケーブルステップル 釘止めタイプなども集めていたので、手を伸ばせば直ぐに用意できる環境でした。

12mmの鉛筆削りも、電動やら手動やら持っています。

それだから、思いついたらすぐ工作できます。12mmの丸棒は、結構手に入りやすくて加工しやすいので便利です。

今回は図面も引かずに”えいやー”で作ってしまいましたが、今週末には、すでにFACEBOOKで告知している「花を飾れるマガジンラック」を工作します。

図面も引いて、シミュレーションもしています。

FACEBOOKページはこちら

出来上がったら報告しますね。

 

洗濯クリップランディングページ TLTL CLIPランディングページ てるてるクリップランディングページ